再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは(新制度)

再生可能エネルギーの固定価格買取制度には、新旧の制度があり、
いよいよ来月から新制度が運用されます。

経済産業省の広報によると、

再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは(新制度)

第177回通常国会において、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」が2011年8月26日に成立しました。
この法律は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付けるもので、2012年7月1日からスタートします。
電気事業者が買取りに要した費用は、使用電力に比例した賦課金によって回収することとしており、電気料金の一部として、国民の皆様にご負担をお願いすることとなっております。

ということです。

次のように、いろいろな意見も聞かれますが、
まずはどのような制度なのか、把握しておくといいですね。

地熱発電が本当に有望なのでしょうか?[電力発電]

地元(私の)議員が脱原発を標榜していたので、詳しく説明を求めた結果「これからは地熱発電で賄う計画で、火力から地熱に換って行く」と仰ってました。 私は、説明を受けても役人と政治.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です