再生可能エネルギー、今すぐ代替できるもの

原子力が内在する未知の技術への不安、公害問題、環境問題、そして大規模災害の発生・・・。これまでにも何度も、再生可能エネルギーを利用することへの期待は高まった時期がある。
しかし、大きく盛り上がらなかったのは、再生可能エネルギーにも、見解決、見通しの立たない問題点、課題が残されているからでしょう。

原子力の利用技術や安全性の確保が困難だとして、今後原子力発電を減らして行くとするば、代替エネルギーが必要だ。
しかも、10年、20年先の将来的の話ではなく、今すぐ、できることから始めないと、すべての原子力発電所が稼働停止した今、現実的な解決策にならない。

再生可能エネルギーの課題では、今すぐ代替できるもの、数年後に実現できるもの、政策転換や整備に時間が掛かるものにわけ、筆者の独断で思いつくもののなかから現実的なテーマを2件、選んだ。
今すぐ代替できるもの
・火力発電の再稼働(老朽していて効率は低い)
・太陽光発電の設置拡大
数年後に実現できるもの、
・天然ガス発電所
・代替発電所の実用化、建設
政策転換や整備に時間がかかるもの
・地産地消型の新送電網の整備
・東西で異なる周波数の統一
有名なQAサイトにもこのような質問が。
再生可能エネルギー[エコロジー]

世界はどのくらい再生可能エネルギーに力を入れているのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です