solarpowerの事なら

The Status of Concentrating Solar Power Development
The Status of Concentrating Solar Power Development(April 4, 2011) Thomas Mancini, Concentrated Solar Power Manager at Sandia National Laboratories, discusses the state of the art in utility-scale concentrated solar power technology and elaborates on various deployments currently operating or planned for construction around the world. Stanford University www.stanford.edu Concentrated Solar Power at Sandia National Laboratories http Stanford Energy Seminar energyseminar.stanford.edu Stanford University Channel on YouTube http

日本では、再生可能エネルギーの全量買い取り制度が2012年7月に施行されます。このため、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設が計画されていますね。
その理由には、量産化が進んで、太陽光パネルが低価格で販売されるようになったことがあげられます。
しかし、それだけでは、国内での普及は加速しません。工事費用が高いんです。
そこで、新しい建設工法が工夫されています。



この8万円ソーラーパネルは、スポンサーと施工主が、初期費用と設置場所貸し、収益の配分を上手に組み合わせた手法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です