避難訓練の方法

避難訓練に取り組む地域や団体が増えて来ました。
経験を積み重ねる毎に、
それまで気づかなかった不備を発見できると、
次のタイミングから
より有効な訓練に生まれ変わります。
そんな訓練の方法を目指しましょう。
通常の防災案内や避難訓練は、
普通の健康状態の人を中心に組み立てられていますので、
少しでも慣れてきたら、
身体障害のある方を含めた訓練をすることも大切です。
というのは、
かなりの比率で、
さまざまな障害を持つ方が
いらっしゃるし、
自分自身もいつ
不具合が生じるかもしれない、
高齢者の比率が高まるということは、
健常者だけの社会ではない、ということです。
食べ物にしろ、
飲み物にしろ、
障害があれば、普通食では飲食できません。
トイレにしろ、
移動にしろ、
車椅子があれば、介助を必要とする場面が出てきます。
必要なときに、
互いに助け合い、
補助しあえる、そんな協力ができる街づくりが、
重要な地域社会でのまちづくりですね。

地震避難訓練の方法

[その他(社会)]

?) 『火災(防火)避難訓練』は行うのですが、

『地震』に対する『地震避難訓練』は、なされておりません。&nbsp
そこで、上司に『東海・南海・地震等も来ると言われてるのに、
何故、…

石狩市@北陽幼稚園の避難訓練 2011/07/14(3分44秒)
石狩市@北陽幼稚園の避難訓練 2011/07/14(3分44秒)えりすいしかいりネットテレビ@7月12日実施&nbsp

地震による津波を想定し、
双葉小学校校舎3階に児童約320人が一斉に避難します。


TOA(ティーオーエー)&nbsp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です